MENU

医薬品の育毛剤で口コミ評価が高くおすすめなのはこちらです!

飲む育毛剤として人気が高いのがミノキシジルタブレットとフィンペシアです。一般の育毛剤と違い塗って利用するのではなく、飲むだけで効果に期待ができますので、手軽な薄毛対策を行う事ができます。これらの飲む育毛剤は非常に高い効果があると支持されているのですが、両者にはそれぞれで異なる作用を持っています。
まずミノキシジルタブレットにはミノキシジルという成分が配合されていますが、この成分には血管を拡張させる働きがありますので、それによって血流が良くなり毛根にも栄養をしっかりと届ける為のサポートをしてくれます。そしてミノキシジルの特徴として、医学的にもきちんと効果が認められている事です。その他の育毛剤に含まれる成分は医学的に効果が認められている訳ではないものが殆どですので、使っても本当に効果があるのか分からない面もありますが、ミノキシジルは生やす事ができる成分として正式に認められています。ですからその他の成分とは一線を画す効果に期待する事ができるのです。
一方のフィンペシアの作用ですが、この薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が配合されているのが特徴です。フィナステリドは脱毛物質を抑制する為の力がありますので、脱毛予防の効果に期待する事ができます。
両者は作用内容が違っているという事もあり、併用して利用するのが最も効果的な使い方とされています。
それぞれの薬は高い効果があるのが魅力ですが、しかしながらデメリットがある事も知っておく事が大切です。
まず両者に共通するのが副作用がある事です。
ミノキシジルタブレットの場合は胸痛や頭痛、動悸、むくみ、肝機能障害などを発生させる可能性があります。心臓に負担を掛ける作用があるという事もあり、心臓が弱い方の場合は利用してはならないとされているのです。
フィンペシアの副作用としては、性欲の減退や男性機能の低下などが発生する可能性があります。こうした副作用は使用を中止すれば元に戻ると言われているものの、後遺症のように残ってしまう可能性もあると言われていますので、使用する際にはよく考えてみる必要があると言えます。
フィンペシアのデメリットとして、特定の脱毛症以外には効果を発揮しないというマイナス点もあります。男性型脱毛症を改善する為の治療薬ですので、円形脱毛症などによる脱毛ですと効果はありません。その為、脱毛原因をよく調べてから利用しないと、まるで意味がない事もあります。